三重県の北部の神社、別名:北伊勢大神宮

節分祭・追儺祭

節分とは本来、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを指し「季節を分ける」ことを意味しています。
江戸時代以降では、特に立春(例年2月4日ごろ)の前日のことを指すことが多くなり、現在ではこれを一般的に「節分」と呼びます。
節分の行事は宮中の年中行事であったようですが、近代には節分当日の夕暮れ時に、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てたり豆撒きをしたりするようになりました。
これは季節の変わり目には邪気が生じるという考えに由来し、特にその邪気の象徴としての鬼を追い払う、という行事になったと言われます。

多度大社 節分大厄除祭

節分大厄除祭は、2月3日の節分祭と併せて行なう当神社最大の厄除祈願祭です。
祭典では神職が多数奉仕のうえ、巫女の御神楽また舞楽が奉奏され、皆様のお一人お一人のお名前をご神前に奉告し、厄除の祈願(お祓い)をいたします。
お申込み頂ければ、厄年の方でなくてもどなたでもご参加頂けます。
                        (下記参照)

期   日  平成31年2月3日(
祈 願 料    30,000円
内     容  特別大神楽・豆撒き(午前・午後の2回)・食事・記念品 など 
豆撒き時間  午前11時  午後1時
定   員  80名


ゲスト ※演歌歌手 千昌夫 ※レーシングドライバー 松田 次生
    節分祭参加者の方は、行事終了後 千昌夫ショーをお楽しみください。
・締   切  平成31年1月25日
(定員になり次第締め切りとさせていただきます。)
お申込方法  下記申込フォームまたは電話にて承ります

⇒ 申し込みはこちら

※おかげさまで節分大厄除祭は定員となりましたので、お申し込みを終了させて頂きます。

お詫びとお知らせ

当初節分祭に参加を予定しておりました、レーシングドライバー松田次生様が海外でのレースの予定が入り急遽参加が取りやめになりました。新たにゲストが決定致しましたのでご報告申し上げます。

三重県を拠点に将来Jリーグ入りを目指して活動するサッカークラブ“ヴィアティン三重”の監督及び主力選手が昨年に引き続き豆撒きに参加することになりました。

  稲森 睦選手

  岸上 和樹選手

   上野監督

追儺祭 特別豆撒き

当神社では、追儺祭にあわせ特別豆撒きを行なっております。
特別豆撒きは、毎年1月の最終日曜日に行っており、節分の日が平日で参拝できない方に、特別に豆を撒いて一足早い節分祭を執り行います。

  • 日   時  平成31年1月27日(日)午前11時  午後2時P1010454
PAGETOP
Copyright © 多度大社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!