三重県の北部の神社、別名:北伊勢大神宮

流鏑馬祭行事予定

社頭の儀 -午後12時30分-

宮司以下神職が神楽殿にて祭典を奉仕し、流鏑馬射手に弓と矢が手渡される。

kaguraden1 kaguraden2 kaguraden3

 

馬場入りの儀 -午後1時-

神楽殿前にて奉幣が行なわれ、その後、奉仕者が馬場に進む。

syatou heifuri3 gyouretu

 

行事開始 -午後1時10分頃-

日記役の「流鏑馬はじめませ」の号令を流鏑馬射手が受け行事が開始される。

hajimemase2

流鏑馬開始 -午後1時15分頃-

馬場の準備が整ったことを知らせる扇が振られると、一の射手が疾走する。
最初の方の射手は流鏑馬射手で、装束、矢、的の大きさが異なる。
流鏑馬射手が終わると、挟み者射手が行なう。
毎年20騎ほどの流鏑馬が行われるが、小笠原宗家がその年の回数を決める。

ite1 yabusame-2 ite2

 

流鏑馬終了 -午後3時頃-

一般の拝観者には、家内安全、試験合格などにご利益のある当り的が頒布される。

atarimato1

 

PAGETOP
Copyright © 多度大社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!